男と女の脳の違い

当たり前の話ですが、男と女は違います。体の造りが違うのもさることながら、その考え方も違います。まあ、中には男らしい女の方もいますし、女らしい男の方もいますが。

何が男らしくて何が女らしいのかは個人的な意見が分かれるところでしょうが、違うことだけは確かですよね。考え方が違うということは、脳の何かが違うということは推測できますが、では具体的に男と女の脳の違いってどこにあるのでしょうか。

男と女の脳の物理的な違い

まず、見た目である程度それとわかる男の女の脳の物理的・機能的な違いから見ていきましょう。

大きさ・重さの違い

脳

基本的に、男の脳の方が大きく、重いです。

生まれたばかりの赤ん坊の時は男女差はほとんど見られませんが、成長するにつれて徐々に差が生まれ、大人になると男は1400〜1500グラム程度、女は1200〜1250グラム程度になります。

ただし、あくまでも重さと大きさが違うだけなので、これをもって「男の方が女より賢い」というのは間違いです。脳の大きさ・重さと知能の高さの間に因果関係は全くありません。

周期性の違い

大人の女の人には、生理というものがあります。これに代表されるように、女の脳には周期性があり、さらに精神的にも周期性があるといわれています。これは、女の脳から発生するホルモンの分泌に周期性があるからです。

ちなみに、男性には女性のような周期性は存在していません。

構造の違い

人間の男女間の脳の構造の違いはいくつかありますが、代表的なのは右脳と左脳をつなぐ脳梁の形と大きさが違うところです。

女性の方が丸みがかっていて、比率が大きいです。明確な違いがあるため、男と女の意識を決定付けているのはこれだと指摘する専門家も少なくありませんが、実際のところは不明です。

男と女の脳の思考に関わる違い

物理的な違いは今見てきましたが、では、内部の仕組みから見ると男と女の脳はどう違うのでしょうか。

空間認識の違い

設計図

ある調査によると、男と女にある建物の設計図を見せたところ、男性の場合はある決まった場所が集中的に働いているのに対し、女性の脳が働いている場所はこれといって決まっていなかったそうです。このことから、男性は空間把握がうまくできるが女性は余りうまくできないといわれています。

女の人は理論的に物事を考えることが余り得意ではないのでしょうか。もしかしたら、理系方面に女性が少ないのもそれが理由なのかもしれません。

ただ、女性でも理系が得意な人はいますから、ここは個人差が出る部分でもありますね。

言語力の違い

よく、「口げんかじゃ女性には勝てない」とか「女性はよくしゃべる」とか「女性は感情的になりやすい」とか言われていますが、こういう現象を脳の働きという観点から見ると、非常に面白いことがわかります。

先ほど、女は右脳と左脳をつなぐ脳梁が男のものよりも大きいという話をしましたが、これにより、会話をする時に女性は脳全体を使って話をしていることがわかっています。逆に、男性はほとんど言語中枢がある左脳だけを使って会話をしています。男性は理論立てて必要事項を話そうとするのに対し、女性は無駄な話も会話の中に入ってきます。ですから、余計な会話が多くなりがちな女性はよくしゃべるといわれるわけですね。

また、女性が感情的になりやすいのは、会話しているときに言語中枢以外のところも使っているので全ての情報が混在し、理論立ててまとまった話ができなくなる傾向があるからだと言われています。

男性の場合は、会話するときに使う部分、理論を組み立てるときに使う部分、感情的になる部分というのが脳の中で区分けされているので会話中などは感情的になりにくいとのこと。従って、異性と口げんかしたときに大体女性に男性が言い負かされてしまうのは、男が必要事項をまとめようとし、感情的になりにくいからだというわけです。

ただし、女性でも常に冷静な方もいますし、男性でも感情丸出しな人もいるわけですから、あくまでも傾向であって万人に通用することではありません。

男の脳は女の脳に、女の脳は男の脳になれるのか

このように、男女の脳の違いは構造的にはっきり違う部分がいくつかあり、内部の働きについては個人差はあるものの、大きな傾向があるということがわかります。では、この傾向に逆らって、強制的に異性の脳の働きを作り出すことができるのでしょうか。

これに関する明確な回答はありません。それは、やはり脳の機能自体が研究途上だからというのが理由です。今お話した男女の脳の違いも、個人差という言葉で跳ね返されてしまう以上、体系的な理論が構築されていません。

男女の脳の中の違いも観測結果から推測したものに過ぎません。もし、この男女の違いを決定付ける何かが見つかれば、近年問題になりつつある性同一性障害の治療に役立つかもしれませんが・・・。将来の脳の研究成果に期待したいところです。


▲ ページの上部に戻る