小脳

人間の脳の中で最も重要なのは大脳ですが、では他の部分は重要ではないのかというとそんなことはありません。

大脳は先ほど見たように、人間であるために重要なものなのであって、他の部分は生物が生きていくために重要なのです。ここで説明する小脳も、当然生きていくために重要な役割を持っています。しかもそれだけではなく、人間の行動にも深いかかわりがあるようなのです。

小脳の位置と構造

脳


小脳は、脳の後ろ側にぶら下がるような感じでくっついています。小脳の構造も大脳のそれと似ていて、小脳皮質と白質からなります。

小脳はその名が示すとおり大脳よりも小さいですが、大脳同様表面がしわしわになっており、その量は大脳よりも多く、細かいです。どれくらい細かいかというと、しわをそれぞれ伸ばして広げたら小脳の方が大脳の2倍もの大きさになるくらいです。しかも、脳の神経細胞は約140億個ですが、それは大脳の神経細胞の数のことを言っているのであって、小脳の神経細胞は約1000億個あります。

大きさは大脳よりも全然小さいですが、中のポテンシャルは大脳をはるかに凌駕しているのです。

小脳の役割

これだけの大きなポテンシャルをもっている小脳ですが、大脳と比べるとその役割は地味なものだと思われていました。

昔はある特定の役割しか担っていないといわれていたくらいです。しかし、最近では新たな研究成果がどんどん発表され、それに伴って小脳の働きも多くのことに関与しているらしいことがわかってきました。

運動機能の調整

昔から言われている小脳の役割です。

普通の人が立ったときに倒れずにまっすぐ立てるのは、小脳の働きによってバランスが保たれているからです。また、指先を使った作業など細かな作業を行うのも小脳の働きによってです。

かつては、小脳の役割といえばこれだけだと思われていました。

体で覚える

近年の研究により、いわゆる「体で覚える」というのは「小脳が記憶する」ということだというのがわかってきました。

我々が何も考えずにできる行動は全て小脳が覚えているからこそできるのです。

自転車

例えば、「自転車に乗る」という行動。これは生まれながらにして人間ができる行為ではありません。もし人間が生まれつき自転車に乗れる能力を持っているのなら、自転車に乗れない人がいるはずありませんよね。

「自転車に乗る」という行動を小脳が記憶してはじめて自転車に乗れるようになるわけです。逆に、一旦自転車に乗ることを覚えてしまえば、何も考えなくても乗れるようになりますよね。それは小脳が自転車に乗る方法を記憶したからです。こういうことが近年判明してきたのです。

こうして考えると、大脳が「有意識」を担っているのに対し、小脳は「無意識」を担っているといってもいいのかもしれません。

大脳の思考をコピーして保持する

例えば、同じ事を何度も何度も繰り返し行っていると、やがて何も考えなくてもできるようになることってありますよね。同じ漢字を何千回も書いていると、やがて思い出そうとしなくても書けてしまうとか・・・。それは、本来大脳が記憶しているべきものを、小脳がコピーして記憶しているからだと考えられています。

こうなると、大脳でじっくり考えて結論を導き出すような事柄を、小脳の記憶から結論を導き出したりするようになるのです。

人間がとっさの判断が下せるようになるのも、このコピー能力があるからだといわれているのです。

脊髄小脳変性症

このように、大きな機能を持っていることがわかってきた小脳ですから、当然何らかの問題が起こると通常生活に支障をきたすようになります。この辺は大脳に 問題が起こったときと同様ですね。

小脳に起こる問題は、脳の一部である以上、脳梗塞や脳出血など脳の一般的な病気もありますが、特に最近話題に上がってい るのが脊髄小脳変性症です。これは、何らかの理由のよって、小脳やそこにつながる部分の脊髄が壊されてしまう病気のことです。

鉛筆

この病気になると、体は正常 なのにまっすぐ歩けないとか、箸や鉛筆をうまく使えなくなるとか、そういう症状がでます。

この病気が日本で正式に認定されたのが1976年のことなので、 実はまだ提唱されてから30年ほどしかたっていません。原因は半分弱は遺伝性のものですが、残りの原因は未だもってよくわかっていません。残念ながら、原 因がはっきりしていない以上、根本的な治療法は見つかっていません。

ただし、対症療法のほうは研究が進んでおり、症状を改善することは可能になっているよ うです。


▲ ページの上部に戻る